【完結済】おすすめの小説紹介!「冒険家になろう!スキルボードでダンジョン攻略」

おすすめ
この記事は約13分で読めます。

皆さん「なろう小説」ってご存じですかね?

僕は好きでよく読んでるんですけど、これがもう

時間なんぼあっても足りんわ~!

ってぐらい没頭してしまう。

ほんと時間が一瞬で溶ける。

で、読むのは良いんですけど僕ってすぐ内容忘れちゃうんすよ。

なので面白かったけど、どんなんか詳しく覚えてない…て作品が多い。

それはなんかもったいないな~と思ってたら、このブログを使って紹介すると同時に備忘録的に書けばいいじゃない!

ということに気づき、書くことにしました。

実際読んで面白い!と思ったやつしか残さないつもりなので気になった方はぜひ読んでみて欲しい!

今回おすすめする小説は

冒険家になろう!スキルボードでダンジョン攻略

冒険家になろう!スキルボードでダンジョン攻略 コミックス1巻

です!

スポンサーリンク

なろう小説とは

そもそもなろう小説ってなんや?という方に。

小説投稿サイト「小説家になろう」というサイトがありまして。

そのサイトは登録すれば無料で誰でも小説を投稿することが出来、誰でも無料で投稿された作品を読むことが出来ます。

そのため膨大な量の作品が存在し、今確認したらなんと掲載数が86万作品以上!

これだけあればそれはもう玉石混交。

いい作品を探すだけでも一苦労ですが、面白い作品もいっぱいあります。

人気作品はコミカライズされアニメ化にも!(夢がある!)

人気ジャンルは「異世界転生もの」でこれは小説家になろうから一気に広まったんじゃないかな~。
(ていうかほぼ異世界転生ものらしい)

当たり外れがかなりあるので、手当たり次第に作品を漁るのはあまりおすすめできません。

中には途中で更新がストップしてしまい続きが読めない作品もあるので要注意です!

僕はコミカライズされた作品を無料漫画アプリで読み、面白いと思ったら小説家になろうで読み進めるようにしています。

今は無料でお試し読みが出来るのでほんとありがたい!

無料漫画アプリの事ならこちらをどうぞ

こういう人に読んでほしい

  • 現代ファンタジーが好き
  • ダンジョン攻略が好き
  • 主人公が成長していく物語が好き
  • 主人公以外のキャラにも魅力がある作品を読みたい
  • 人がゲームしてるのを見てるのが好き
  • 北海道に住んでる

冒険家になろう!のジャンル

  • 主人公成長型
  • ハクスラ
  • ローグライク
  • 現代ファンタジー

小説家になろうに投稿されてる作品の多くは「チートで俺様最強」みたいな一騎当千系が多い。

書き方次第で面白いのもありますが、基本そういうの好きじゃないんですよね~。

この作品は最初から主人公最強!みたいなのではなく、成長していってるのが良い。

その過程が読んでて楽しい。


「ハクスラ」と「ローグライク」というのはゲーム用語です。

ハクスラ:戦闘行為が目的となるゲームで、繰り返し多くの敵を倒していき、その行為を楽しみとするプレイスタイル

ローグライク:素材を集めたり、敵を倒してアイテムを得て、そのアイテムで武器や防具を強くしていき、そしてまた敵を倒し~の行為を繰り返すプレイスタイル

という意味です。

この作品はダンジョン内で戦闘を繰り返し、得た素材やアイテムでどんどん強くなっていくという作品です。


小説家になろうは先ほども言ったように「異世界転生」ものがほとんど。

つまり舞台が違う世界ということです。しかも大体ドラクエみたいな世界。

それはそれで面白くて好きなんですが、この作品の舞台は現代日本です。

主舞台は日本の北海道。ただ普通の北海道ではありません。「ファンタジー」がついてますから。

僕は北海道に詳しくないので何とも言えませんが詳しい人はさらに没入感があるんじゃないかな~。

簡単な作品紹介

冒険家になろう!の紹介をしたいんですが、ネタバレをするわけにはいかないので簡単な紹介を!

存在感の薄い冒険家、空星晴輝が札幌の『ちかほ』に出来たダンジョンから帰宅すると、家の車庫がダンジョンに変化していた。

ダンジョンの入り口に、石板のようなものを発見。
もしかしてこれは、スキルボードか?

晴輝はスキルボードを用いてダンジョンへ。

ボードを駆使し、いずれランカーになって目立つ存在になる!
――はずが、何故か仮面を被りジャガイモを背負った不審者に?!

果たして彼は『マトモ』な人物としてダンジョンを攻略出来るのか?

※本作は実際の地球・日本・企業・団体・個人とは一切関係のない『フィクション』です。

冒険家になろう! スキルボードでダンジョン攻略(WEB版) (syosetu.com)

舞台とあらすじ

舞台は現代日本の北海道です。

が、ただの現代日本ではなく「ダンジョン」のある世界。

5年ほど前に突如世界中で同時多発的に「ダンジョン」が発生したという設定です。

このダンジョンの発生によりモンスターがあふれ出てきて世界中がひどい状況に。

今はモンスターを抑え込むことに成功しているが油断は禁物。

ダンジョンがなぜ現れたのか、発生条件などは不明。

ダンジョンを攻略するために日本は「冒険家」という国家資格を設け、「冒険家」の一人である主人公は手に入れたスキルボードを駆使してダンジョンの攻略に挑む!

というお話です。

主人公の説明

主人公の名前は「空星晴輝(からぼしはるき)」

冒険家になろう1巻

空気が薄く他人から認知されない特殊な能力の持ち主。

本人はそれが嫌で何とか目立とうと日々努力する。

彼の行動理念は「目立てるかどうか」

話が進むにつれてどんどん成長していく彼を見てるだけで爽快!

どこまで強くなるのか見てみたくなる~!

魅力ポイント

  • スキルボードというアイテムを手に入れたがチートにはならない
  • ある事件をきっかけに仲良くなる妹系ヒロインとそのライバル?
  • 敵を倒すことで徐々に成長して強くなっていく過程
  • 進むごとにダンジョンの様子や敵が変わるのでワクワクする
  • 冒険家トップランカーたちの一癖も二癖もあるキャラ
  • 話が進むにつれ深まる謎
  • 要所要所出てくる5chのようなやり取り

感想

良い点

完結済作品なので途中で止まる心配をしなくていい。

おもしろいな~と読み進めていると途中で更新が止まってガッカリすることもよくあるので、完結してくれてるだけで十分ありがたい。

主人公のキャラクターがいい!

目立ちたいという行動理念のもと動いてるのにどんどん変な方向に行く。

しかも本人はそれを変と思ってないのが面白い。

バトルシーンでの集中力を深める所は緊迫感があり読み応えがある。

他キャラもしっかり魅力的でいい!

主人公以外のキャラも魅力的でそれぞれに味がある。

勇者が腹の中で何を考えてるのかわからないのが怖くていい。

バトルシーンに迫力があっていい!

よくバトルシーンになったら何をしてるのかわからなくなることってあるんですけど、この作品にはそれがなかった。

細かい描写をしながらテンポよく読ませてくれて、頭の中で映像が流れてるような感覚になった。

悪い点

続きが気になりすぎる

これは読んだ人が全員思うんじゃないかな。

え!?ここで終わり!?って。

一応キリのいいとこと言えばいいとこなんだろーけど、謎がまだまだありますやん!

お願いだから続き書いて~!ってなる。(最悪有料でもいい!)

作品を読むなら

小説家になろう

作者は萩鵜アキさんです。

他にもいろんな作品を書いてらっしゃるので気になってます。

連載してる小説家になろうのページを貼っておきますので気になった方はぜひ

冒険家になろう!スキルボードでダンジョン攻略

無料で読める漫画アプリ

いきなり小説で読むのはちょっとハードルが高いな~という方。

いまなら無料で漫画版が読めるのでまずは漫画でどうですか?

絵もきれいで読みやすいですよ!

無料で読めるアプリはこちら。

ピッコマ

ピッコマ

Kakao Japan Corp.無料posted withアプリーチ

※アプリ内で検索して探し出す必要があります。

コミックス・ノベルの購入

現在双葉社からコミックスが4巻まで発売中です。

表紙を見て気になったら買ってみるのが吉!

コミックスはこちら

ノベルはこっち

まとめ

話のテンポが良くて一回読みだすと最後まで一気に読んでしまった。

読んでる途中で最後に近づいてきてるってのがわかるけど

「え?もう終わんの!?」って思いながら進んでいって結局「…終わってもた」

てなりました。それぐらいまだまだ続きが読みたい!と思わせる作品でした。

  

今日はここまで

タイトルとURLをコピーしました